2016年05月05日

医療費もクレジットカード払いでポイントがつく

医療費・入院費も病院によってはクレジットカード払いが可能です。

先日、支払いのために銀行のATMを病院内で探して尋ねてみると「ATMはないのですが、クレジットカード払いで精算できます」と言われました。

クレジットカードは名義人であれば使用できるので、入院している人のクレジットカードではなく、代わりに支払う人が自分のクレジットカードで精算します。


入院費は事前に高額療養費の申請をしていても月に何万円もかかります。

私がよく使用している楽天のクレジットカードは、1%ポイント還元なので5万円で500ポイント付きます。数百円分でもクレジットカードのポイントがつくのは助かりますねexclamation





クレジットカードによってポイントの還元率は違い、今までメインで使っていたクレジットカードのポイント還元率は0.5%でしたので倍になりました。

もし、手術や何かが急に必要になった場合は何十万も支払はなくてはいけなくなることもあります。
後から生命保険の保険金がおりたり、高額療養費の分が還付されたりするにしても、いったん支払はなくてはなりません。そういうときにクレジット払いに対応してくれていると助かりますね。

出産の場合は出産一時金が出るので、その一時金を病院側が支払いにまわす直接支払制度を利用している人も多いのですが、もしクレジットカード払いに変更できるなら変更しましょう。出産費用は高額ですので、カード払いに対応している病院や産院であればクレジットカード払いにした方がポイントがたくさんついて断然お得です。
posted by メープル at 12:31| Comment(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。