2019年04月09日

大きい服の方がずっと使える

服を買うなら小さいより大きい方がいい!!

なぜなら小さいと太ると着れないし、痩せることよりも太ることのほうが断然多いからです。産後は洋服のサイズが変わったりもしますし、授乳中は授乳服じゃなくても大きい服だったらスポッと赤ちゃんを抱っこして授乳がしやすいし活躍します。セーターとかニットとかって小さくなっていく気もするし、ここ最近はゆるいダボっとした感じの服が流行っているし、ドロップショルダーもずっとありますね。洋服ってシミとかなくて綺麗な状態だったら長く着れるものなんですよね。だからずっと着れそうなものを買っておいた方が間違いないです。でも、私が若かりし頃に買った服はショートパンツが多くて今は履けません。そして、カーディガンとか上の服も細身ばかり・・・買取に出してもお金になることは期待できなそうです。おっきぃの買っておけばよかったなぁとちょっと後悔しています。

さらに年をとると体系カバーのために大きなものを着たがります。70歳になる母が「ケツが隠れるのがいい」といつも言います。そして、私に服はないか?と聞いてきますが、大きめの服は自分で着るのであげられません。しかも、大きいのといっても身長がちょっと低く腕が短かったりするのでサイズが合わないんですよね。いかにも年寄りというような服は着たくないというのでなにかいいのがあったらたまにあげますが。

毛玉ができたりよれよれでどうしようもなかったら着れないかもしれないけど、そうでなかったら長持ちするのでなるべく大きいのを買おうと思います。
posted by メープル at 18:04| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。