2018年10月13日

同性兄弟だとお下がりをまわせる

親想いなのか、次の子も男の子だと判明しました。男の子同士だと同じように遊べるからいいですよね。走り回ったりして面倒みるのは大変そうですが・・・

同性だとお下がりがまわせるというのが金銭的には一番いいです。女の子だったらスカートとか、ピンクやフリルのついた服とか買わなきゃなと思っていました。しかし、結果、男の子。そっくりそのまま回せます。靴だってすぐ小さくなって勿体ないからまた履いてもらえるというのはすごくいいです。女の子でも回したかもしれないけど、やっぱり性別によって色ってあるし、同性だったら何も気にせずに使えます。おもちゃも傾向が一緒なので同じのを使えます。女の子だとお人形さんとかプリキュアのグッズとか新たに必要になったかも。

近所に引っ越し挨拶にまわったときに「男の子?じゃあ次は女の子ね!」と言われたりしてたので、男女両方欲しいのが当たり前と思ったり、女の子がいないなんてかわいそうっていう風に思う人もいます。これから可哀そうっていわれちゃうのかな・・・

実際に女性は女の子が欲しいという人がとっても多いです。最初から男の子が欲しいって人珍しいです。私も最初は同性だし男の子のことはわからないので女の子のほうがいいなとなんとなく思っていました。男の子が生まれたら可愛くて次も男の子が欲しいと思ってしまいましたが・・・

経済的にもありがたいことでしたが、これから転勤とかあるかもしれないし、寂しい思いをして欲しくないので同性希望というのが強かったです。私も姉妹でよく遊んでいた覚えがあるので。小さい頃に近くに遊び相手っていたほうがいい。無事に元気に生まれてくれることを願います。
posted by メープル at 20:00| Comment(0) | 子育て

2018年10月09日

子供用と介護用オムツを箱買い

動き回りたい子供と一緒に買い物に行くのは一苦労で、眠たかったりお腹がちょっとすいたりしているともうグズッていうことを聞きません。これからお腹が大きくなってくると買い物はどんどん困難になります。子供を捕まえるのが辛い・・・おむつは嵩張るので大量に楽天で買いました。もとから買いだめていた分と合わせれば冬は越せそう。

二歳の息子は話すのが遅かったのでまだトイレトレーニングをしていません。今は幼稚園でもトイレトレーニングゆっくりだと聞くし、つわりがおさまらず前屈みの体制がキツいので後回しにしてしまっています。しかし、息子はオムツを脱ぎたがります。気づくとズボンを脱ぎ捨てて歩き回っているし、オムツもすごく脱ぎたがっていつの間にか脱いでその辺で粗相していることもあります。はかせようとしても笑って逃げ回ります。トイレに行ってオムツが外れればいいんだろうけど・・・
そして、何でも自分でやりたいときなので脱いだオムツをゴミ箱に捨てます。まだほんのちょっとしかおしっこしてなくても、一回もおしっこしていなくても捨ててしまいます。あまりに勿体ないのできれいだと拾って履かせてしまいますあせあせ(飛び散る汗)一回してれば仕方がないから捨てたままに・・・オムツを脱ぎ捨てる習慣がなかったころに比べるとかなりの量が必要で出費が増えてます。
メーカーによるのかな?とかサイズが合ってないのかな?と思って他のを試したりもしましたが、そうではないようでただ脱ぎたいみたい。スーパーDEALのポイント還元率がいいときは特に安く買えるので助かります。


夫は義父の介護用オムツを注文しました。いろいろな薬局やスーパーをみてきたけれど、通販が安かったと言っています。まとめ買いだと送料がかからないときもあります。尿取りパッドはもともと安いので店舗も通販もあまり大差ないようです。たくさん注文して送料無料になったり、クーポンを使える場合には一緒に買ってしまうのもいいですね。


posted by メープル at 21:37| Comment(0) | 子育て

2018年10月07日

冬の妊婦はお金がかかる

冬はたくさん着こまないと寒いのでマタニティ用のアイテムがたくさん必要になります。前回の出産は夏でしたので、臨月は暑くてマキシワンピースをいつでも着ていればよかったけど、冬はそうはいきません。
厚手でモコモコの服やパジャマが必要になります。上はなんとかなるけど、下はお腹が大きくなってマタニティ用じゃないと苦しいのでたくさん買い足さなければいけません。タイツもこの冬だけのために買わないと。

冬にお腹がおっきい妊婦さんは大変なんだなぁと最近思います。出産に近づくと足も浮腫んできます。普段は浮腫みはあまり感じないほうですが、妊娠後期は足がむくんでいつもの靴がきつかったのを覚えています。今のレインブーツ入るのかな・・・・というのが気になっているところ。わざわざこのシーズンだけのために大きい靴を買いたくはないし。

いつもは季節がわりのセールで安くなったアイテムを来シーズンように購入したりしますが、マタニティ用のものって買えないです。妊娠から約10ヵ月という期間を経て出産に至りますが、一年後のことなんて想像できません。よっぽど自分は来年妊娠するという強い信念や自信がないと難しいです。私は過去に病気もしていますし、妊娠については期待してガッカリするのがこわくて前もって準備をすることはできませんでした。子供服に関しては子供は元気に成長すると信じて大きい服をたくさん買ってしまいますけどね。

マタニティ用のグッズはおさがりという手もあるかもしれないけど、そういう人もいないし、私が買ったのはワンシーズン着れば毛玉だらけになりそうだけど、捨てられない性分なので妹にあげようと思います。
posted by メープル at 17:32| Comment(0) | 子育て

2018年09月16日

妊婦の間に全員貰えるプレゼントに応募する

妊婦のときこそ色々なものがタダでもらえるチャンスです。

前回の妊娠ではあまり応募しませんでしたので、今回はこれからたくさん応募していく予定です!!
赤ちゃんが生まれてから使えるオムツポーチ、母子手帳ケース、スタイやクリームのサンプルなんかがもらえたりします。タダでもらえるので質はそれなりだったりしますが、それでも無料って嬉しいです。

赤ちゃんが生まれたら、洋服、お食事グッズ、帽子、くつ・・・・などそろえるものがいっぱい。だからプレゼントがもらえる応募には資料請求もセットになっています。ベビー用品取り扱う業者にとっては妊婦さんへの宣伝ってものすごく大事ですよね。それに出産祝いをいただいたら、内祝いを返さなければいけません。その内祝いのカタログも届きます。

住所、氏名、生年月日、電話番号、出産予定日など個人情報は入力しないといけませんが、今まで散々応募してきたし、いまさらそこは気にしていません。

プレゼント品が届くのは出産後だったり、結構後になってからだったりするのでまだ報告できませんが、少しずつのせていこうと思います。
posted by メープル at 19:37| Comment(0) | 子育て

2018年08月25日

なければないでなんとかなる

ベビー用品が高くて場所をとるものばかりだったのであまりそろえることができませんでした。

知り合いはみんな「バウンサー」を持っていました。赤ちゃんをのせてゆらゆらさせるものです。ゆらゆらしてよく寝てくれる。ほかにも便利な使い方があってバウンサーを脱衣所においてベルトして落ちないようにして、その間にお母さんがお風呂に入るという人も多かったです。
アパートにいるときは狭くて置くスペースもなくて結局買わないまま、お風呂に入るときはバスタオルの上に寝かせたりしているだけでした。

「バンボ」という椅子がすごく有名でみんな持っていました。そこに座らせてお座りを覚えさせるというもの。でも、結局バンボ買いませんでした。お座りも遅いほうだったけどできるようになったし、昔はそんなものなかったのでなんとかなるのだなと思っています。

他にもいろいろ買ってあげればよかったなというものたくさんあります。おもちゃたくさんあるお家いくとすごいなぁ・・・と、まだ寝ているだけのころなんてガラガラくらいしかおもちゃなかったし、「ベッドメリー」があれば楽しかったのかなと。もしかしたら本人はつまらないと思ってずっと過ごしていたかも。

でも、お金に余裕がないと買えないものなんですよね。二人目の子供が生まれてもたぶん買わなかったものはないまま過ごすと思います。
posted by メープル at 14:55| Comment(0) | 子育て